2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/04/20 (Wed) 粋な心を感じましょ

この前買った「焼きたて!ジャぱん」の最新刊で、”堤”と言う名字の美形青年が出てきて、思わず。

堤→堤真一→浅倉さん?

と勝手に変換しました。
どうやらしつこく染み付いてしまったようです…。


今回の小説のいいおやじはこちら。

天切り松 闇がたり 浅田次郎 集英社

大正の東京を駆け巡る怪盗一家の話。
それを語るのは、天切り松の名をもつおじいちゃん。
(だろうなあ、多分)
闇がたりという特殊な声で語る。

なんと言うのでしょうか。
こんな人達今はいませんね。心意気と言うか、情というか。
松を引きとってくれた、親分が特にお勧めです。

さて、今度からは真夜中に更新は止めます。
なんか繋がりにくくなってきたので。
(サーバーに負担がかかっているのでしょうかね)

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


<<応募します | TOP | これはいかがですか?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/83-1406a2a6

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。