2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/04/05 (Tue) 別な意味で落ちそうです

今、半落ちを読んでいます。
映画は観ていないので予備知識は一切なし。
ですが、多分このまま小説の内容を映画にしたのでは映像としてあまり面白くならないので、かなり話の雰囲気が変わっていると予想してみました。

小説の方は。
男くさいです、いい意味で。
私がよく読む小説のいいおやじたちは、艶があるんです。
生きかたとか、想いとか。
そういった雰囲気を意図的に持たされているものが多い気がします。それが好きで読んでいる作家さんの本もあります。

横山さんの小説の男は、飾らない客観的なありのままの今の男。
そんな感じがします。
淡々と、深く潜らぬよう見据え、または情熱的に心を語る。
でも、どこか静かな文面なんです。
上手くはいえませんが、こんな文章に初めて会いました。

まだまだ読み終わりません。
全てが分かったらまたかきます。

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


<<ある意味戦い。 | TOP | 明日から>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/70-bbb23d34

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。