2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/02/27 (Sun) ハンカチを用意してご覧あれ

行ってきました。

ローレライ試写会 イン厚生年金会館

見る前からどきどきもので、手から妙な汗とかかいてました。

で、どうだったかと言うと。
観ている間切な過ぎて、今でも泣きそうです…。

2時間という時間に収めるために、かなりの場面で削られたり圧縮されていましたが、近年稀に見る素敵な作品に仕上がっていました。
アクションがこんなにドラマチックに描かれているなんてと感激しつつ、役者さんの役に対する情熱というか信念みたいなものをひしひしと感じました。
CGも、海外のものとは違った雰囲気で完成されていて、見ていて気持ちよかったです。派手さもあるが独特の落ち着いた感じがしていました。

さて、問題はおやじ。
このブロクはそういうもんですから。

まずは、役所広司演じる絹見艦長。
彼はですね、かっこいいです。もうその一言に尽きます。
号令かけているところとか、考え方とか。理想のおやじの五本の指に入ります。
流石です!役所さん。
貫禄があります。

次は、柳葉敏郎演じる先任将校の木崎大尉。
一番いいとこさらって行ったいい人でした。艦長とか他の方がしかめっ面でいる事が多い中、彼は笑顔が多い人でした。
あやとりをするシーンがあります。可愛い過ぎです(笑)
皆に指示を出している時、室井さん?と思ってしまいましたよ。

可愛いといえば、軍医の時岡さん。
艦長と一緒に煙草を吸うシーンで要らん想像をしました…。にこっと笑うのがいいんですよー!

そして、暗躍する浅倉大佐と皆さん。
大佐のどこか年齢を離れた美しさが出ていました。
堤さんは今年映画に出まくりです。
妹は、某少佐を思い出したそうです…。(分かった方は、見てるか読んでる人かしら?)

ネタばれになることはあまり書きませんが、たくさんの人に語りたい衝動に駆られています。
そして、小説を是非手に取ってくださいな。
たくさんの語られなかったエピソードを楽しんでくださいませ。

おまけ
ガンダムエース4月号増刊 ローレライキャラクターファイル
キャラクターの細かい設定や、福井さんの各キャラによせた書下ろし文が読めます。
写真もあり。
ぎばちゃんの写真がでかくて吃驚です。
映画の予習なんかにいいと思います。

映画のいいおやじ | trackback(2) | comment(2) |


<<改造2 | TOP | 生!観てきます。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


TBしました 

やっと「ローレライ」見てきました。こちらの記事を読んでいたのでちゃんとハンカチを手に臨みました。やはり艦長のセリフでグッっときてしまいました。

2005/03/13 14:18 | たまろふ [ 編集 ]


ありがとうございます! 

こんにちは。
おお、観に行ったのですね!うちの感想参考にして頂いて感謝です。
私も艦長の台詞でやられました。
原作ではある意味いっちゃっている方なのに、こちらはとても男前。
ああ、素敵過ぎます。

こちらからもトラックバックさせていただきました。ご確認くださいませ。

それでは。

2005/03/13 20:44 | 犬神 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/43-087fb5c8

#10:ローレライ (試写)
いよいよ、明日3月5日(土)公開!先日試写会にて鑑賞してきました。この『ローレライ』は、先日観た『Uボート』とは違い、その当時に理想とされていたであろう”日本男児のあるべき姿”が強く描かれていてとてもカッコいい!と思う反面、悲しい時代があったことをストーリ //::あしたはアタシの風が吹く:: 2005/03/04 23:15

『ローレライ』を見た ネタばれ注意?
公式サイト→http://www.507.jp/index.html小説未読の方はぜひ!小説を読みましょう!!そう言いたい映画だった。小説の長さを考えればあれだけ端折ってしまうのは仕方がないけれど、映画を見てちょっとでもいいと思ったのなら小説を読んで!もっといいから!!&nbsp;映画で //(仮)ねこによろしくブログ版 2005/03/13 14:00

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。