2017・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/10 (Mon) アクションとは違ったスピード感

ご、ご無沙汰してしまってもうしわけありません!
い、生きてます。ちょっと色々あってバタバタしていて、気が付いたら最終更新日からかなり経っていますが…。

さて、つい先日購入した本がやっと読み終わりました!

同期 今野敏 講談社

これ、すっごくお勧めです。この本だけで何度悶え死にそうなったことか!
というわけで、まずは通常のあらすじから。

主人公は宇田川という警視庁捜査一課の刑事と、蘇我という公安総務課の男。
二人は警察学校での同期で、食事を一緒にいく位の間柄。

宇田川はとある殺人事件から、組織対策部の捜査に参加することになるのですが、ウチコミ現場から逃走した組員の一人を追って発砲されてしまうのですが、たまたまそこに居合わせた蘇我に助けられます。
で、そのあと、蘇我は行方不明に。

蘇我は懲戒免職となっていて、すでに消息がつかめず、いろいろ探っているうちに公安からの圧力がかかり、ついには参加している捜査本部で、蘇我が殺人事件の容疑者にされてしまいます。

とまあ、ざっくり。
刑事の預かり知らぬところで大きな何かが動いて、蘇我はそれに関わっていて、宇田川はその消息を追ううちに蘇我に危険が迫っていることを知るんです。
で、気がつけばばらばらに動いていた人たちが一つにまとまっていく。そんな鮮やかな様子と、魅力的なおやじ満載の小説です。

主人公は32歳で、刑事としてはまだまだ新米で、先に公安に引き抜かれていった蘇我をちょっとうらやましく思っている。でも、そのうち同期というたった一つの言葉が彼を大きく動かしていきます。

まずは、文章の簡潔さとスピード感がすごく爽快で読み進めるこちらは振り落とされぬように着いていく。気が付いたらペースは引き込まれて、さまざまな人達の思考と思惑が入り込んでくる。
今野作品の持つ独特のストイックさもそうなんですけど、今回の文章はとにかくハラハラさせてくれる。別に派手なことってやっぱり起きないんですよ。大物の思想家が出てくるくらいで、あとは警察のお偉いさんとかその辺なんですけど、疾走感がよかったです。

内容としてはちょっと突拍子ないかもしれないけれど、楽しめます。組織を書いているものって、繋がりがあって争いがあって駆け引きがあって。そんなごく自然の人としての感情や行動の面白さが出ていると思います。
いいなあ、こんな雰囲気。最後は皆が同じ方向を向いて自分の出来る方法で進んでいく姿がカッコよかったです。


さて、まあそのほかといえばいつものあれです(笑)

「同期」にみる、素敵おやじ(もとい、男)

すいませんです。ここは素敵おやじを探すブログです。
というわけで、男とも書いたので、まずはこの二人。

宇田川と蘇我。
凡庸な蘇我に、常に優秀にいい子で頑張る宇田川。
温度差がいいですv
あと、同期という響きだけで飯が食える。
知っているようで実は蘇我の事何も知らないと愕然とする宇田川も、蘇我がいなくなってしまってすごく心配で、それの理由がよくわかっていない。一緒に学んでいて、同じ時間を少しでも過ごしているから繋がりがあって。
宇田川を関わらせないようにと危険を顧みず接触してくる蘇我も、無意識の中で思っているんでしょうね、いろいろ。
斜めから見た意見ですけどね。
お前の声が聞きたかったとか、ちょっと電車の中で吹きそうになったんですが!
今野作品は自然にこんな言葉がたくさん転がっているので、ある意味電車の中で読むのは危険なんです。

そして、もう一つの同期。植松と土岐。
植松は宇田川の先輩、土岐は今回の捜査で宇田川と組んだ捜査官。
この二人もとても似ていて、でも表面上はまったく違って見えるという不思議。
お互いをあだ名で呼びあっている時点で、その絆たるや想像が溢れすぎて困りました。仲間でライバルで理解者で。植松さんの、何かを考えているときに相手の顔を見つめるという仕草に落とされましたいろいろ。

今回の小説は、もうおやじだらけでしたね!久しぶりに心臓わしづかみにされました。
叶わないことかもしれませんが、宇田川と蘇我でもう一本読みたいんですけど、どうしたらいいですかね、この動悸…。
すいません、向こう側の人間なもので。


さてさて、お次は長野まゆみさんの新刊ですね。
たくさん積まれています。が、頑張って読むべし。

今野敏さん関係 | trackback(0) | comment(0) |


<<今から楽しみ来月! | TOP | 人の温かさに泣ける>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/313-2179d862

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。