2017・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/03 (Wed) 切なくて、どこか温かい

また記事が久しぶりですね…。
一か月に一回じゃなくて、一週間に一回ぐらいがちょうどいいと思うのですが、なかなか身体が着いていかずもうしわけない。

というわけで、先月から新刊をちょくちょく見かけるので見つけたら購入するようにしてます。

今読んでいるのは昨年出版された自分の好き作家さんのお一人、日月恩さんの最新刊「ギフト」
死者が見える少年と、心に傷を負った30代の男のハートフルミステリ。

今までのどっしり分厚い本から一変して、今回はほのぼのしてます。
内容は時にはざっくり突き刺さる刃物のようだったり、やるせなさを含んだ涙のと切なさだったりしますが、とても暖かな感情に包まれて一つ一つの話が紡がれる。

ふとした出会いが、少年の心を変えて、男の中を暴きだしていく。
最後まで読んでいないので男が何に苦しんで隠れるような生活をしているのかはまだ分かりませんが、最後は暖かなものに包まれて終わるんじゃないかと思っています。

短編を寄せ集めたものなので、読みやすいと思います。


あとは、長野まゆみさんの新刊とか、佐藤雅彦さんの差分とか、もう色々あるのですが読んでからまた感想を書きますね。

その前に妹につきあって、ハゲタカの映画見に行くことになりそうですけど^^;

さてさて、色々頑張ります!

こんな本買いました。 | trackback(0) |


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/311-08263781

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。