2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/04/28 (Mon) 読みきり見っけ

5月のイベントまでもう少し。
原稿絶賛執筆中。
終わりませんが!

さて、久しぶりに寄った本屋さんでふと手に取った小説新潮5月号。

これが警察小説だ!の文字に飛びついて執筆人に吹きました。

今野敏さんのお話読めるよ!
隠蔽捜査の伊丹と竜崎です。この二人好きなんですよね。
仲が良いんだか悪いんだか分からない二人の掛け合いが素敵過ぎる。

今回の話は「冤罪」
放火犯を捕まえたはいいが容疑者は二人。最初に捕まえたのは犯行を否定していて、次に捕まった人はするすると自供。
でも疑いをもって捜査している人間がいたことで決め兼ねているところで伊丹が竜崎さんに助け求めるんです。
竜崎の予想もつかない答えが事件解決の手掛かりになります。

今野さんの文章って読みやすい方に入ると思います。
内容も噛み砕いてあるし、刑事ものの独特の渦巻く熱が無いんですよね。
ストイックで心地良い熱さがあるような気がします。こんな文章に憧れます。

って、次号の予告に新作が載るらしいことが分かりました。
買うさー!
以前新春特大の書き下ろしが読めなくてすんごく落ちこんだことがありますので。
あ、トカゲまだ読んでないよ…。
積読本が増えていくー(笑)

今野敏さん関係 | comment(0) |


<<おめでとうございます! | TOP | 気になっています>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。