2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/06/07 (Wed) 休暇、欲しい(笑)

昨年のイージス関連のイベント以来お世話になっている方から素敵情報をいただき初めて文芸雑誌を手に取りました。

小説新潮6月号

なんと今回は警察小説特集!
先日、吉川英治文学新人賞を受賞された今野敏さんの小説が載っているのです。しかも、「隠蔽捜査」の番外編。おいしい!おいしすぎます!

「休暇」 今野敏

隠蔽捜査では変人キャリアで竜崎さんが主人公でしたけれど、今回は竜崎の幼馴染で警視庁刑事部長の伊丹さんが主人公。
忙しいながらも休暇をとり温泉地へ行く伊丹。しかし、そんな休暇初日に都内で事件があったと連絡が入る。朝の捜査会議までには戻るといったが、肝心の捜査本部がたてられないと部下から再度電話がある。捜査本部を置こうとしたのは竜崎が署長を勤める大森署。竜崎は捜査本部など要らないと伊丹に告げる。

語る中心人物が変わるだけでも作品の空気はがらりと変わるものなんですね。それでもいつもの心理描写や会話は素敵なもので、楽しく読ませていただきました。
正論で我が道を突っ走る竜崎は相変わらずだったし、実は結構苦労性だった伊丹さんにも今回はかなり好感が持てました。見せるというところにこだわっているのにはそれなりの理由があったんですね。快活に見えて実は策士。それで彼らの世界を渡り歩いて行くのが丁度いいのかもしれませんね。
だから正しいことを言っている竜崎が逆に変な人に見える。
社会や組織っていうのはなかなか真っ直ぐと真正面から向きあえないものです。

今野作品の魅力の一つは会話の面白さがあげられると自分は思っています。
その言葉や言いまわしをすごく身近に感じることが出来るんです。あ、こういうこと言いそうって。余計な説明はあまりなく、その一言だけで通じる感情や動きが伝わってきていつでもすごいなあと思ってかみ締めて読んでいます。
こんなかっこよく、時には駄目な感じの言葉を自分が書く物語の登場人物に喋らせてみたいものです。頑張ろう。

時々警察関係の人がお客としてくるたびに、心の中で嬉しい悲鳴を上げています。
だって素敵なおやじが多くてさ!
大変な中に日々の癒し。
一応私は元気です。


次回は読み終わった「チョコレートビースト」の感想を載せます。

今野敏さん関係 | trackback(0) | comment(2) |


<<地元で見かけたいいおやじ | TOP | 模様替え>>

comment











管理人のみ閲覧OK


も一つ情報 

6月15日発売のJノベルズに東京湾臨海署安積班シリーズの短編が載っとりました。取り急ぎこれまでに。

2006/06/18 13:25 | kaerunokaako [ 編集 ]


kaerunokaakoさまお返事です 

いつも素敵情報感謝感謝です。
早速買いに行きましたよ!まだ読んではいませんが(笑)
お返事遅れて申し訳ないです。では。

2006/06/27 10:34 | 犬神 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/242-7717c388

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。