2017・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/12/22 (Thu) 刑事とイージスと乱破

今週はとにかく散財の週なのです。

イージスのDVDで、漫画が5冊。
でもこの前面白そうと衝動買いをしてしまったので、結局6冊。

今日は講談社の青年誌の漫画がもう泣きたくなるほど出ました。

亡国のイージス
刑事が一匹…(2冊同時発売…、泣)
ヤミの乱破

うはははははは。
全部面白かったです。
まずはイージス。
えっと第一部完結です。しかし、これより先が出るとは思えないのです。うーん。何か駄目だったのでしょうかね。私はそれなりに好きだったんですけれど。
とにかく、作画担当の横山仁さんにお疲れさまでした!ととても言いたいです。思えば最初は私も微妙だな感じていたのですが、どんどん上手くなっていく絵に息詰まる話の展開、時々はさまれる息抜きのシーン等に何時の間にか飲み込まれていました。ざっくりととても勢いの在る線が福井作品にぴったりだったのではないかと思っています。
ちょっと切ないのは、ヨン氏オールバック姿はもう見られないのと、横山さんの描く行ちゃんの笑顔がもう見られないということですかね。

お次は、刑事が一匹。
一応初回連載から読んでいました。今は面倒になってしまったので雑誌の立ち読みはしていません。
今年の5月頃から連載で話も随分溜まっていたのか、何故か2冊同時発売…。
話としては今も続いている、めいこさん話。副題で単行本には、牙の女王編と書いてあります。
とにかく、めいこさんは怖い。こわいよー。綺麗な顔して、やることが刺に覆われています。で、そんな生易しいものじゃあないから牙なのかしらと思いつつ。
個人的には、主人公の野獣刑事な高円寺大樹さんが好きですね。突っ走ると思いきや実は迷いつづけているその姿が素敵。カバー折り返しのおまけ四コマではちょっと可愛い彼が拝めます(笑)
まあ次は来月出るらしいので、焦らず待ちます。

さて、最後はヤミの乱破。
作者はギャラリーフェイクで御馴染みの、細野不二彦さん。舞台は戦後の日本です。
元は工作員だった男が、とある人の命令を受けつつ雑誌記者として記録してきた出来事を回想という形で語る話。史実に沿いつつ機械化した人間が出てくるなどちょっとファンタジーが混じっています(それともSFかな?)
物語の作りがしっかりしているので面白いです。殆ど衝動買いしたものだったのでしたが、今回の2巻目で何だか満足(笑)
犬になりきれぬ可愛い主人公が、個人的に好きです。
今回は、若き日の三島由紀夫が出てきます。

というわけで、漫画一色な日でした。
風が強くて、本屋に行くまでに飛ばされるかと思いましたけどね。

ところで、まだイージスDVDがきません…。
はやくこーい!!

私信
前回の記事にコメントくださったkさま。お礼メール送らせていただきました。

こんな本買いました。 | trackback(0) | comment(0) |


<<イージス届いて、なのにローレライを見る | TOP | 凄いのだろうか…>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/191-ee8748e9

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。