2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/06/19 (Sun) 刑事週間です

先週あたりから、刑事の小説ばかり読んでおります。
読み終わったのは、こちら。

最前線 東京湾臨海署安積班 今野敏 角川春樹事務所

この方の刑事小説が大好きなんです。
派手ではありませんが、淡々と語られる事件が彼らの日常を見ているようです。
「最前線」は短編集です。
表題作の他、全6篇を収録。
暗殺予告されたスターの警護や(暗殺予告)、殺人をしようとした者が実は被害者だったとか(被害者)、雨の所為でいざこざが起きる話とか(梅雨晴れ)、都内で最も忙しい署で昔の同僚と捜査をすることになったり(最前線)、日本の警察としてのあり方を問うた話とか(射殺)、お世話になった先輩と捜査本部で一緒になりその姿を見る話とか(夕映え)。
大まかな説明で伝わってない面も多々ありますが、この中でお勧めするとするならこれですかね。

夕映え

主人公の安積剛士警部補の先輩で、刑事のいろはを教わった相棒の三国俊治部長刑事と品川署にて殺人事件の帳場で一緒になり事件を解決していく話。
組織の上下関係が主として語られています。
自分の師匠よりも地位は上になり、三国に外回りを命じたことに反発するがそれが余計な事だったと気が付き気まずくなってしまう。
安積さんの素敵な部下達や、三国さん本人の言葉で救われるのですが、何とも切ないですね。
でも、最後、夕日の中に佇む三国を見てこういう定年を迎えたいと思う安積さんが素敵です。ああ、こんなおやじに会ってみたいものです。

というわけで、いいおやじ。
安積警部補と彼の腐れ縁(笑)な交通機動隊隊長の速水直樹ですね。
安積さんは昔かなりとんがっていたのではないかと予想。時々無茶をしそうになるところから、そういった感じがひしひしと伝わってきます。素敵に年をとったいいおやじ(笑)。
速水さんは、とても安積さんと同じくらいの年齢だとは思えないほどかっこいいです。浅黒い肌に交機隊の制服が似合う(安積さん談)。彼の活躍は、同シリ-ズの「残照」を手に取ってみてください。惚れ惚れするようなカーチェイスをお楽しみくださいませ。


さて、刑事週間2週目。
ただ今「凍える牙」を読んでいます。
女に対してどうしようもない態度しか取れないおやじな刑事がある意味素敵です。
読み終わったら感想載せます。

今野敏さん関係 | trackback(0) | comment(2) |


<<意外と見ないもの | TOP | 名前はさんきち>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

今野敏さんはだいぶ前に読みました。当方的には速水さんLOVEです。旦那以外に抱かれたい男性ナンバーワンです。彼のストイックなところに惹かれてます
次回作待ちつつ
シリーズ 一作め探してますが手元にあらず。です。

2005/08/11 21:06 | kaerunokaako [ 編集 ]


kaerunokaakoさまお返事です 

お返事遅れて申し訳ありませんでした。
安積班も読まれるのですか!周りにそういった方が全くいないので、とても嬉しいです。
速水さんは本当にかっこいいですよね。私も彼が大好きです。安積さんと話しているところが面白くて新刊が出るたびに真っ先に買って読んでしまいます。
第一作、私も同じく手に取ることが出来ません…。古本屋にもあまり出ないそうです。

遅くなってしまって本当にごめんなさい。
こんな私ですがどうぞよろしくお願いします。

2005/08/15 18:25 | 犬神 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://ryouinugami53.blog2.fc2.com/tb.php/119-18f210bd

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。