2006・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/09/21 (Thu) Fが通過します 佐藤雅彦再び!

この頃の癒しといえば、仕事の休憩時間を利用して外に出て食事するところでまったりすることくらいです。店舗内は忙しなくて落ち着かないので…。

さて、箱根旅行は行って帰ってだけで終わってしまいました。
自分だけ土曜に仕事があったので、一人朝9時後半のロマンスカーに乗る。
結局行ったのは、芦ノ湖だけでしたよ。強風の中海賊船の形をした遊覧船ではしゃいでいましたがね!

そんな先週の土曜日にそれを発見しました。

Fが通過します 佐藤雅彦 マガジンハウス

おおおおお!見つけた瞬間思わず声を上げてしまいました。ピタゴラスイッチで彼の名前を知り、任意の点Pで本格的にこの方の考えに惚れて新刊出るたびに買っています。今回もかなり心くすぐるものです。
まずパッケージから驚き。
細長いんです。
大きさで例えると、ちょっと細身の歯磨き粉のチューブが包装されている箱に近いです。刀の鞘を抜くようにカバーを引っこ抜くと、これまた細い背が2本見えるのです。
それが今回の主役。
中身は、一つのコンセプトを如何に形として伝えるかを表した図と絵が細い本に書いてあります。一つで完結しているものもあれば、次をめくると主題が似ていて続き物になっていることもある。白黒灰色の三色で表しているのでシンプルで、どことなくお洒落です。
メモ帳のように片面で束のように製本されているからめくる作業がまた楽しい。ぱらぱら漫画をめくるような、次が気になるけれど終わって欲しくない、まだ続きが見たい気分になります。

じつはこれ、マガジンハウスの文芸誌「ウフ.」にのっていたものなんです。
掲載時の名前は、佐藤雅彦のはじっこジャック。
奇数ページの左端に掲載されているものでした。たとえ別の人の小説やコラムエッセイが載っていても、その数センチのスペースだけは佐藤雅彦ワールド。こういうことが出来る人ってすごいと思います。

たまたまその雑誌を大学の授業で使ったんですよね。イラストレーションの講義で、表紙を自分なりの絵で描いて中身も作れと言うものだったと記憶しています。もう2年も前です。あの頃から自分のやりたいことに疑問を持ち始めたんだと今更思い出しました。

うむ。一番手っ取り早いのは画像をお見せすればいいんですけれどね。
都内の本屋では見本として中身が見られるように置いてあるところもありましたから、立ち読みでもいいので手にとってみてはいかがでしょうか?

さてと次回は今野さんの新刊の感想です。いいおやじに癒されます。

スポンサーサイト

こんな本買いました。 | trackback(0) | comment(0) |


2006/09/14 (Thu) 身体傾けあって内緒話

またまたご無沙汰で申し訳ありません!
何だか暑いの寒いのが交互に続いて、身体が付いていけません。風邪とまではいっていないのですが気が緩むと危険です。
書かない間に、日本沈没を見に行ったりお絵かきしていたりしながら、何日間続けて残業とかしてました。納期ギリギリで受けた仕事を終わらせて帰ると終電一本前とかで吃驚します。絶対いつか帰れなくなるときがくると思う…。

さて、久しぶりの「巷で見かけたいいおやじ」
今回は地元駅からいつもの電車に乗ったときに目撃しました。

多分同僚同士。移動中なのか砕けたかんじでお話中。
しかしですよ。二人の接近度が明らかに近いのですが。
それぞれがお互いに身体を傾けて、一人は頷き、もう一人がその耳元に話し掛ける。
分かりやすく言えば、ようやく親しくなったいい仲の男女が楽しく談笑しているような感じ。
思わず吹きそうになり、そそくさとそこを去ったんですけれど、同時に心の中で近すぎるよ!とつっこみを入れていました。
女性の同士のもつ親しさとは違った雰囲気が男性同士ではありますよね。
遅くなると職場に女は自分だけになることが多いので、遠めで見ながら色々考えています。

さて、明日もお休みですが実はちょっと小旅行。
温泉に入れて、ゆっくり出来るのならどこでもいい。この際。

そんな日々です。

発見。現実のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2006/09/02 (Sat) 今野敏さんのサイン会行ってきました!

多分自分がこうやって読んでいるうちには多分ないと思っていたことが今日ありました!

今野敏さんサイン会 イン ブックストア談浜松町店

書きこみはしたことなかったご本人様の公式HPのBBSで布教活動の成果が報告されているたびに、すごいなあと思っていたのですが、こんな日が本当に訪れようとは誰が想像したでしょうか。
とにかくそれのためにお休みをしっかりいただいて、今日参戦いたしました。

まずはどの本を持っていくか前日からすごく迷っていました。
私を今野さんの素敵作品ワールドに導いてくれたのは、STシリーズ。
作品として衝撃を受けたのは、今年の目玉、隠蔽捜査。
キャラクターの掛け合いで好きなのは、逆風の街。

正直困った。

どれもすごく好きなだけに一つに決められない。でも、何個もしてもらうより一つに決めて持っていったほうがいい気がする。
昨日の時点では逆風の街を持っていく予定だったのに、また朝になってから迷ってしまい、ああだこうだとうだうだ言っているところを妹に突っ込みを入れられる(笑)
そもそも何で好きになったのか。それを思い出したらあっさりとすっきりといいところに落ち着きましたがね(笑)

ST警視庁科学特捜班 黒いモスクワ 講談社ノベルス

この本のとあるシーンで、私は班をまとめるキャップの百合根さんでもSTの五人のメンバーでもなく、菊川吾郎警部補に惚れました。さりげなく面倒見のいい菊川さんが百合根さんの部屋に行って飲みながら話すあのシーンで!
何かが間違っている気もしますが、これで今野さんが書くおやじに惚れました。

さてと、そんなわけで会場には40分くらい前についてちょっと本屋内をぐるぐると回った後列に並びました。
前から10人以内くらいの辺りで終わったらすぐに帰ろうと思っていたので丁度良かったのですが、何か見たことある人を見つけてしまってびっくり。自分の近くにいた人々はどうやらBBSに書き込みをしていてハンドルネームで呼び合っていました。

書店内は静かで落ち着いた雰囲気。
ですが今野さん登場と共にざわめき。拍手でお出迎えでございました。
ご本にさまは、かっこいいの一言で、あんなに背が高くて素敵な方だとは正直思っていなくて吃驚してしまいました。
すてきだ!私の理想のおやじ、五本の指に入るほどです。

さて順番はそれ程待たないでめぐってきました。作者さまの前では立ってお話したりサインをいただいたりするのが普通なのかと思っていたので、今回の会場に自分らが座る椅子が置かれていることに驚き。目線が同じ高さで、緊張のあまりほとんで話すことが出来ませんでした。
悔しい。
写真撮影も出来たらしいのですが、カメラは普段持ち歩いていないのでほんとこの時は自分を呪いました。お馬鹿目!今度はいつになるか分からないと言うのに!
サインは自分の名前を本名で、その隣に日付と今野さんのお名前を入れていただきました。
おまけは、紺色のビン!
ぶははははっ。これって一つ一つ貼ったのかな?
中身は入っていないけれど、何だかご利益がありそうなので蓋は開けないでおきます。
糧ゲット。これで半年は過ごせる。

ところで、サイン待ちをしているときに後ろに並んでいた方に話し掛けられました。黒いモスクワを握り締めていた私に、黒が好きなんですかと聞かれました。
その方も黒が好きらしくて、思わず心の中で一息。
私だけじゃあなかった!
あまりの嬉しさにお名前を伺うのを忘れました…。
あ、でも例のBBSに書きこみをしている方みたいなので今度思い切って書きこんでみようかと思いつつ。

今月はベイエリア分署の復刊第2段も出ることだし、もりもり頑張ります。

あんまり更新できなくて、申し訳ないです…。

今野敏さん関係 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。