2005・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/11/30 (Wed) 散財の月12月…

朝京浜東北線が人身事故。
その影響をもろに受けてしまった、私の使う線。
いきなり車内に流れるハリーポッターの着メロ。それは私のです…。
番号を見たら昨日かかってきたのと同じ番号だったので、とにかく電話に出てみる。もしもしもなしにいきなり、全く知らない人の名前を呼ばれて違いますと、やんわり返しておきました。
新宿に着いたあと小田急に乗らなければならんのですが、すんごくイライラしていて何か駄目だと思ってしまったので紀伊国屋書店に直行してしまいました。
いいんだよ、たまにはさ…。

さて、明日から12月ですが、来月は散財の月です。
特に福井さん関係が重なり、何故か漫画の発売日が重なりまくりです。
イージスのDVDに漫画に、C-blossomにもしかしたら漫画の戦国自衛隊1549。DVDは来年にお預けです。
あとは、刑事が一匹…を一応買おうかと思っています。
週刊を毎回立ち読みは辛いです…。そこまではまったわけじゃあないし。
今日で既刊は全て揃ってしまったクロサギも来月8巻がでますし…。
大丈夫か私。

話は変わりますが、小説新潮の福井さんとかわぐちさんの対談立ち読みしてきました(すいません!とても購入なんて無理です!)
内容はとても濃い!なるほどとと思いながら読んでいました。
どちらが語ったか忘れましたが、太平洋戦争もいつかは関が原の戦いと同じように歴史の一事実として扱われるだろうという言葉には、言葉を無くしつつも納得してしまう自分がいました。映画を見たり、体験者の話を聞いたりと、情報は入ってきますが、体験していないものを理解するのは難しい。駄目だということは分かるけれど、それをどう扱えばいいのだろうと思うことがあります。ただ否定するだけではない、それを教えてくれたのは福井さんの小説だったんだなと思う今日この頃。

さて、明日も出かけねば。
こちらでいつか嬉しい報告が出来るといいな。では。


私信
26日にコメントくださったkaerunokaakoさま。お返事遅くなってすいませんでした。いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

福井晴敏さん関連 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/26 (Sat) 感情剥き出し?

24日木曜日、朝早くから用事の為に大森駅にいました。
駅を降りてそこからバスに乗り換えるのでバス停へ行ったのですが、着いたら何故か人がたくさんいたわけです。
なぜ?
よっく見るとバス停の所に競艇の新聞を売っているおば様たちが。
ああ!なるほどね。
ちょうどそんな時間だったのです。
何処から来るんだろうと思いつつ人は集まる集まる。
ほとんどが男の人で、まあいい年した人達がぞろぞろと。

一人で唖然としていました(笑)

いや、何かただただ凄いなという感想しか出ません。
それにしても、賭け事にしろ何にしろああいったところに集まる人達は雰囲気が違います。目の前にはそれしかなくて、ただひたすら真っ直ぐと。
どちらかといえば、人間の本能の部分が出ているのかもしれません。
それは、かっこいいというよりは、切ないというか。

って、それって今年の私も似たようなものだったのですけれど。
ひたすら福井さんの為に突っ走る日々を送りましたね。勿論来年もですが(笑)
あとイベント会場も似たようなものだと思います。

でも、明らかに違うんですよね。情熱の質が。

用事は午前中で終わりました。
また素敵な出会いに感謝、感謝。
今年は本当にたくさんの人に会いますね。まだまだ続きますけれど。

発見。現実のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/20 (Sun) 福井映画祭り(笑)

というわけで、前前から宣言していました例の祭りにはせ参じました。

TAMA CINEMA FORRUM 第15回映画祭

上映の順番は、ローレライ、亡国のイージス、戦国自衛隊1549という順番。
ローレライのあとお昼食べて、イージスのあとには映画評論家の方が司会をして福井さんと阪本監督のトーク。
そう、まさに福井づくしだったわけです。
ふふふふ。
お腹いっぱいで当分は映画見なくても耐えられるような気がしてきました。

さて、すべての作品が最後見てから随分経っていたので改めて落ちついて見返してみると結構気が付くことがありました。
伏線のような場面のカメラワークに、全体の雰囲気。頭が熱い湯のようになって見るのと、冷静に見るのとでは随分と違うものだと思いました。

と真面目な話はここまでにして。
何だかやっぱり自分相当好きなんだと改めて自覚。
とある方がどの場面でまず泣くかという話をしていたのですが、自分はといえばまずローレライの一番最初、伊507をモチーフにしたあのロゴが動くのを見た瞬間に号泣です(笑)感動というか、かっこいいから。
とにかく樋口氏の撮りかたがあまりにもかっこ良すぎるのでどきどきしっぱなしでした。
で、浅倉さん登場シーンで全て笑いが止まらない(笑)
可笑しいんじゃなくて、素敵過ぎるからです。
舞台の方の通る声って色気がありますよね。
さらに大湊さんの登場で、もうどうしようもないくらい切なくなります。
西宮駐米大使が殺されると知り中村君と追うわけですがすでに彼は亡くなっている。書類の束がこれまたかっこよく飛んで、向こうでは土谷君が自殺(浅倉さんの所に行ったのでしょう)。
問題はその後。
大湊さんの台詞、「遅かったか…!」
これで原作の私の大好きな大湊さんが吹っ飛ぶくらい、しがなくてなさけなかったんです。鶴見氏ー!もっと言いようがあっただろうに!
でも原作はかっこいいので許す。

イージスは自分の中で特に見納めておきたい作品でした。
最後に見た映画館にシネコン並みの音響施設が無かったのが悔しかったので。
細かいところより全体的に眺めるという感じで見てきました。あの原作をこういった形に収めた監督やその他のみなさまはすごいと思う。

で、戦国。
実はこの3作品の中で唯一たった一回しか見ていないのがこれ。
最初見たときはちょっとなあと思っていたのですが、昨日見てきて普通に面白かったです。
そうだ。原作を先に読んじゃたのがいけなかんたんです。
それで消化しきれていなくて、何だか納得いかなくて。でも初日に行ってから随分経っていて原作の内容もかなり朧げな状態だったので、真正面から楽しめてよかったですよ。
ただいくらなんでも、イージスと一緒にDVD買うのはかなり金銭的ダメージが大きいので来年にさせてください。
戦国を見て気が付いたことは、的場さんはどんだけ鹿島が大好きなんだろうということ…。始終鹿島、鹿島で可笑しかったですよ。あんな美人さんが近くにいるのにねえ。

トークの内容ですがメモをとっていないし、記憶力も皆無なので人様に頼ってみたり。

jidoriblog つるこさま

TAMA CINEMA FORRUM 第15回映画祭の記事はこちら

http://www.jidoriblog.com/new/archives/2005/11/post_418.html

綺麗に詳しくまとまっております。そしていつもお世話になっております。

そうやって一日中映画三昧でした。
ただ3本全てをあの劇場の大きさで見るのはかなり体力がいりました…。
ほとんど座りっぱなしなので腰が!けつが!痛い。
エコノミー症候群(正式名称は違います)になる一歩手前でした(笑)


私信
昨日お世話になった方々。ありがとうございました!次はOp.ローズダスト辺りかしら。発売まで楽しみに待ちます。

福井晴敏さん関連 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/18 (Fri) 北斎展に行ってきました。

予定していたものが急遽延期。
来週になってしまい、時間が出来たのでうっとおしくなった髪の毛を切りにいきました。でも、以外と早くに終わってしまってどうしようかと思っていたので行ってきました。

北斎展 東京国立博物館

近くに東京国立科学博物館があるので間違われやすい。ちょっと切ないです…。ぜんぜん違いますから。

北斎はすごいですねー。
彼の絵の構成は声をなくすほどです。
まず、モチーフの扱い方。
あの頃の独特の描き方は時代の所為もあるのでしょうけれど、ものの組み合わせ方が上手いんです。こんなものにこれ!?と吃驚すること多々。
そして画面の使い方。
自分ではこんなの怖くて出来ないなんて物がたくさんあって鳥肌がたちまくりでした。
版画だけでなく、肉筆画がたくさん見られてよかったです。

お勧め。

日月龍図
三幅一組で、それぞれに日、月、龍が描かれています。
それが普通の描かれ方じゃあないし、画面の縦横比率が激しく違う。
でも何度見ても飽きない。見るたびに面白さが発見できます。


ちょっと、男達の大和が気になったのでHPへのリンクつけてみました。
何か仕組みが面白くて、入る時にニックネームを入れて階級が出るんです。
ポイントが溜まると色々出来るそうで。
こつこつ溜めます。

明日は福井映画祭り!
色々な人に出会えることを祈りつつ。

趣旨から外れてしまった… | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/17 (Thu) 忘れていました。

隠蔽捜査、読み終わりました。
ああ、もう!
今野さんの文章は私のツボを突きすぎる(笑)
おやじなのに精神年齢が若い方が多くて、読んでいて気持ち良いんです。
で、程よく色気があって。
主人公二人はかっこいいと見た!ああ、絶対そうですもの。

さて、わたしってば葉書を書くのを忘れてました。
あれです。

活字倶楽部

今回は今年一年で一番自分の中で良かった本をイラストに描こうと思っているのですが、何にしよう。
条件として、2005年発売の本じゃあないと駄目で必ずしも読んだ全ての本が当てはまらないんです。
今年は可笑しいくらいに福井さん関連の本は買いましたけど、何か他にないかと考え中。
今野敏さんは毎年必ず一枚は送るんですけれど、載らない…。
隠蔽捜査か黒の調査ファイルでも書きますかね。

今回2005年秋号の隅っこに私の葉書載ってます。
初めて自分の描いた今野作品が載って嬉しい。
誰を描いたかって?
おやじですよ、相変わらず。(菊川吾郎警部補)


私信
前回の「隠蔽捜査」の記事にコメントくださった、kさま。
ここではなんですので、またメールさせて頂きますね!
ありがとうございます。

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/14 (Mon) ちょっと変わったキャリア

キャリアを描いた作品で面白いものというと、私の中ではやっぱり「踊る大捜査線」が思い浮かびます。
こんな風になっているのかと、初めて知ったのもこの作品のお陰。
でも、大体が、現場とキャリアといった構造でその対立というか関係を描いたものが多いです。

今、私が読んでいるのはとにかくキャリアばっかり出てくる小説です。

隠蔽捜査 今野敏 新潮社
(アマゾンへ飛びます。表紙画像あり)

事件は、三十代の男が拳銃で撃たれて殺される殺人事件からはじまります。
その内似たような事件が起きて連続殺人ではないかと捜査は進みますが、被害者が過去に犯罪を起こした前科を持つものだと分かる。そして、事件が起こる周期から竜崎はとんでもない犯人像を導き出すことになります。
そんな中、竜崎の周りでも秘密裏に処理しなければならない事実が発覚する。

で実際まだ読み終わってないので結末はまだ分かりません。
どうなっちまうんだ…。

それでは本題(笑)

「隠蔽捜査」におけるいいおやじ
やはり主人公と、彼の幼馴染の男でしょうか。
片や東大卒で、警察庁勤務(長官官房の総務課長)の竜崎伸也、47歳。
彼はとにかく自分がキャリアでだから国に尽くすのは当たり前で、自分の信念はとても強い。それがいきすぎているので、周りからは変人扱いされています。仕事一筋で、家族のことは全て妻に任せています。
家庭がしっかりあるのも奥さんのお陰なのにねえ(笑)娘の心配事にも、真面目に仕事優先で答えるものだから、ある意味すごい。だから変人(もちろんそれだけではないんですけれども)
片や彼の同期ではたった一人私大卒、警視庁勤務(刑事部長)伊丹俊太郎、多分47歳。
竜崎とは対照的で、現場を重んじる男。自分からよく顔も出しているらしく、周りからの受け止められかたもいいらしい。
竜崎さんとは小学校の同級生で、とても明るくクラスの中心人物でもあったらしです。
二人は幼馴染。小学校が一緒でした。
竜崎さんの中では、伊丹からいじめられていたので幼馴染でも何でもないと思っているのに、周りはいいコンビだとか、幼馴染だとか、仲がいいとか言っています。

今野さんの小説でよく用いられる、対照的な二人の描写がことごとく私のツボをつくんです(笑)
竜崎さんは、がり勉くんで細身の華奢な男。
伊丹さんは、快活で筋肉質、実際よりも10歳は若く見える男。
まずこの体格差だけで物語として大満足します(笑)
嫌そうに話す竜崎にからかいも込めてちょっかいを出す伊丹が面白すぎます。
でも二人とも窮地にたたされて、何だかんだいってお互いを支えているんです。
いいおやじは、何かしら背負っているんですよ。

横山秀夫さんの警察小説が好きな方には、今野敏さんの警察小説おすすめです!
安積班や、逆風の街、などなど。
あ、講談社ノベルスのST班はエンターテイメントとしてお楽しみ下さい。

今野敏さん関係 | trackback(0) | comment(1) |


2005/11/13 (Sun) 寒いですね

ストーブを出しました。
火をつけて数分、ぱちぱちと妙な音がするのです。
こ、こわいよー(笑)
まあ古いスト-ブですからね…。

大学のうちの学科の先生にとてもセンスがよくって、ジェントルマンな方がいらっしゃいます。
この前は黒のジャケットに帽子(映画板の高須さんがかぶっていたものに近い)に更にその上着の上に、大きなダイヤのチェックの薄いものを羽織っていました。黒に黄色の模様が映えて綺麗です。

すごいよ!

私の文章力が無い為に完全にお伝えできないのがとても残念でなりません。
絵を描けばいいのかもしれないんだけど。
記憶力が無いから無理でした…。

発見。現実のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/11 (Fri) 間違っている…

何だか寒くて身体が動きません。
血圧が低いからこれからの季節はつらいです。ううう、動こう。

近くに世界の艦船の仙石バージョンを組み立てたものがあるのですが、組み合わせ方が間違っている。艦体番号が船首と後部甲板とで違うのですが…。
直しておこう。

ただ今、読んでいる本は。

埋み火 日明 恩 講談社

数ヶ月前に買った本です。ええ、溜めていたんです。
もうすぐ読み終わります。

まとまらないので、今日はこれにて終わり。

こんな本買いました。 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/09 (Wed) 予約しました!

イージスのDVD予約完了。
もちろん金欠なので、アマゾン使用です…。
許してください。
で、頼んだのはもちろん、ボックスのあれです(笑)
うふふふふ。散財の月、12月。

ところで、アマゾン、貴方にお勧めの品はこれだ!というのが出ているんですけど、もうことごとく可笑しい。
中にはもう持ってますからというのも。
漫画では、ジパング勧められてた。
DVDだと、潜水艦関係。
あと世界の艦船を買ったときに利用させていただいたので、船のプラモがあったりします。

色気が無い…。

個人的には、韓国映画の「JSA」が欲しいです。
へたれなビョン氏が見られます(笑)

福井晴敏さん関連 | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/08 (Tue) 一つ任務完了

今日免許センターで本免試験を受けて、受かりましたー。
ふう。長かったよ全く(笑)
まあ地元で、歩いて5分の所にあるのでいいんですがね。

で、そこにはいるんです。
警察の方が!
しかもいい年した男性ばかりー!
試験前の癒しでした。
そんな中でのヒトコマ。

試験中でした。
色々注意を受けていたから気を付けてあまり周りを見ないようにしていたのですが、何か問題が起こったらしく試験監督の方に近くの扉から入ってきた別の試験官が近づいていきました。
そこまでは、普通です。
しかし、その後…。

耳打ち。

耳打ちといっても普通に近づけばいいんです。後ろにすれ違うようにしてちょっと聞こえるように小声で喋ればいいんです。
なのに。
耳打ちする人がぐいっと体を寄らせて顔を少し上向かせて、耳に以上に口を近づけたんです。

ぎゃー!

しばし凝視してしまい、慌てて問題を解くことに戻る私(笑)
狙ってないのは分かってますけれど、それは、それは!心臓に悪いですから…。
こう書くと美形なおやじを想像するべきなんでしょうけれど、目の前で繰り広げられるそれはふつーのおじさんの間違えればちょっと微妙な行動。普通だったら引きます。
でも、なんかニヤリとしてしまってそのあと、「ネタゲット!」とか思ってしまいました。
もう今更なので気にしないで下さい(笑)

まあそれの動揺も乗り越えて何とか合格。
免許証の写真は何だか写りが良くて、ちょっと嬉しかったです。

発見。現実のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/07 (Mon) そんなこともあるさ

秋草の花粉症が少しばかり出ているせいか、朝起きると目がしょぼしょぼします。
もともと鼻炎でしかも直らないやつだから仕方がないんですけど、自転車通学の身にはつらいです。うおおおお。そんなこと思いつつ今日も自転車大爆走です(笑)

久しぶりにゼミの先生に会って話をしてきたらちょっと肩の荷が下りました。
まずはやれるところからやろう。

そういえば、今日山手線が止まって大変でした。
私は別の電車を使っていますが、もろに影響を受けまして。
ホームに人が溢れて動けない!階段が上れない!遅れるー!!
ええ、遅れましたとも(笑)
こういうとき思うのは、よく溢れかえったホームから人が落ちないものだと。実際落ちたらまずいことこのうえないんですけどね。
あと、あの電車にどれくらいの人が乗れるんだろうと思うこともあります。
100パーセントの乗車率は実は、席が全部埋まっていて更に全てのつり革が埋まっている状態なんです。
ひー!!死ぬ。という状態は、乗車率250~270くらい。
足が浮くらしいです。

通学は戦い。
でも今のところ女性専用車両だけは乗ったことありません。
香水や化粧の独特の香りが苦手なんです…。
あと階段から遠いから。

趣旨から外れてしまった… | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/05 (Sat) お花畑登場

うちのメロは終戦のローレライで私がかなり好きなキャラクター、大湊三吉から名前を頂いています。
今日突然それは訪れました。

ウィンドウに蜂が飛んでいる。

とにかくクリックしてみました。

で、初のアイテムゲットです。
それを何とか取得して、一回ウィンドウを閉じた後また開いて見たら、お花畑が広がっていました。

おお!何だか華があって可愛い。
何だかちょっと嬉しかった日々。

趣旨から外れてしまった… | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/03 (Thu) 一歩踏み出すごとに世界が変わる

いつの間にやら時間は進むもので、今年も残りわずか。
去年は喪中だったので描けなかった年賀状も今年は描けます。
そう今年は描けるんです。
なのに。

すいません。今年の干支が分からないんですけれど…。

描かないと忘れるもんですね。
てことは、来年は何!と妹と大激論してました。
多分…、来年は、戌?

間違っていたら誰か、こっそりコメント欄から教えて下さい!
管理人だけが見られるように設定できますから、コメント(笑)

ところで。
10月30日、自分は学校の文化祭には行かず、イベントにて売り子してました。勿論、自分で書いた本をです。
まあ言わずもがな、オヤジばっかり書いてます(笑)
でも今回は若者も書いたんですよ。若者。
なのにイラストを妹に見せたら、これは30代の人かといわれました。
違いますから!年齢無い人だから!
でも、確かにそう見える。

そこでまた、たくさんの人に会うことが出来ました。
世界はまあ狭いのかもしれません。うん、狭いよね。
でも、買って下さる方の目は厳しいです。みんな目が肥えてます。
手に取ってくれても、お買い上げにいたらないことは当たり前。
でも、買って頂いて、次来てくださった時に楽しみにしてますといわれた日にはもう頭が上がりません。感謝でいっぱいです。
自己満足ではありますが、表現したいものに何かを感じ取ってくださった方がいるとやってよかったなあと思うのです。

私はどちらかというと、そうやって一歩を踏み出すのが異常に遅い人間です。
損するのが当たり前になって、一時期全く動かなくなってしまったこともあります。
今までそうする必要がなかったんですよね。半分言いなりになっていれば楽だったから。でもそれではつまらないことに気が付いてしまった。例えば、いつもと違う帰り道を通っただけでも世界が変わる。大学に入ってから、それをひしひしと感じました。
色んな人がいて、色んな考えがあって。
合う合わないという何とも個人的な理由以上に、出会いはいいものだと思います。
相変わらず自分の世界は狭いけれど。

今思うことはそういったことでしょうか。
早く就職を決めよう(4年にしてまだ決まってなかったんです…)
前期でやってきたことに後悔はしていないし、むしろそうしてよかったと思っています。

一歩踏み出すごとに世界が変わる。

そんな自分の世界を変えてくれた、今まで出会ってきた方に感謝を!

たまには真面目にちょっとくさく語らせてくださいな(笑)

趣旨から外れてしまった… | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/02 (Wed) まどろみながら、気が付く

この頃、日本映画をたくさん見るようになりました。
今年は明らかにそちらの方が多いし。

楽しみなのもまだまだあるし。

その一つが、樋口監督が作る「日本沈没」
エキストラ募集今更ですが応募すればよかったと思ってみたり。
でも一番楽しみなのは、國村隼さんが出るってこと!
やったー。
ただ今國村さん見るために、交渉人のDVDを買おうか買うまいか悩んでますけど。

うう、早い話がですね。
話題が無いんですよ。
いいおやじ求む。

追記
よく読んでいるブログでちょっと話題になっていたので、悪乗りしてみました。
こちら↓
カピバラなお方

笑って誤魔化してください…。

映画のいいおやじ | trackback(0) | comment(4) |


2005/11/01 (Tue) 沈黙の日々

多摩で行なわれる映画祭、チケットばっちり取ってきました。
三本全部見られて、1200円はお徳ですよ!
教育実習が終わった後、イージスが見られたら何ていいのだろうと思っていたんです。素敵祭りをありがとう。
で、よく考えてみたら、私はテレビやサイン会などで福井さんを見ることはあってもあるテ-マについて語ったり、対談している彼を生で見たことはなかったんです。わーい。

で、それの為に今回はお出かけを極力しないようにします。
漫画も欲しいんですけど、12月までなるべく買わないようにします。
本もね。
溜まっているのを消化すれば良いのにすぐ買うから…。

今のところ分かっているのは。

イージスDVD
イージスの漫画2冊
冬の巨大イベント(笑)
卒制の為の画材

このあたりに逃げるお金を今から溜められるのか…。
頑張ります。


お詫び
おやじ語りが少なくてごめんなさい。
だってこの頃いいおやじに会えないんですもの…。いない。

福井晴敏さん関連 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。