2017・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/07/25 (Tue) 活字倶楽部夏号を買う

潜りすぎでごめんなさい!
先週のお休みは原稿やお絵かきやらでいっぱいいっぱいでした。
でもそれが丁度いいのかしら。
いや、良くない!お肌の荒れっぷりが最高潮に達していましたもの。

ところで、今野敏さんの最新刊「ST為朝伝説殺人ファイル」は読み終わりました。
今回は国内を飛び回って捜査!おおお、この展開は素敵です。
事故か殺人か。
謎解きに関して言えばそれほど難しくないのですが、素敵なキャラクター達にいつも心踊らされます。
飛行機に乗るときの翠さんのお隣は必ず菊川さんとかね!
いつでも無意識にリーダーな赤城さんとかね!
私は、百合根さんと菊川さんが喋っているところが好きですが、とっても(笑)
次回も楽しみでございます。

さて、そんな中、今日は活字倶楽部夏号の発売日です。
今回は分かりやすいところに自分の葉書を見つけました。
ハーレクインのスペシャル企画を読んで、どれか手に取ってみようかと思いました。
こんなに色々なジャンルの作品があるのか!

来月号の梨木香歩さん特集が楽しみです。

スポンサーサイト

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2006/02/22 (Wed) 腕痛し!

ただ今おやじ、もといいおじいさんをかっこよく書こうと必死になっています。
文章で、です。
これが難しいのなんのって。
人様に読んでいただくものだから自己満足では書けないんです。そりゃあ自己満足は楽さね。でも、それではもういけないんだと思いつつ。
読んで下さる方がいる。それが大きいのではないでしょうか。
楽しんでもらいたい。それが一番ですけれどね。

で、そのせいかキーボードの打ち過ぎで腕が痛いです。
キーが重いんですよ。前のより明らかに重い。
キーボードのキーの硬さというか重さって種類があるんですかね?
気になります。

この前の記事にコメントくださったkさま、コメントありがとうございます。
おおお、笑えるんですね!今週は無理そうですけれど来週楽しみに見に行きます。

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2006/02/05 (Sun) 安積班復刊!

昨日、へろへろになりながらも久しぶりに作者様のHPを覗いたら見つけたんです!

初期の安積班三作が復刊。

ありがとうー!角川春樹事務所!
もう頭が上がりません。

硝子の殺人者
虚構の殺人者
東京ベイエリア分署

この3作品ですね。
出版社がなくなってしまい、絶版。オークションで見つけても手は出せず。
ありがたやー。
4月から順次文庫として発売ですって!
見てますか、kさまー!読めますよ。(伝えたい、今すぐに)
これで今年の楽しみがまた増えました。
詳しくはこちら
ざ・今野敏 わあるど(http://www.age.ne.jp/x/b-konno/index.htm)
(作者様自身のサイトです)

さてと作業作業。

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(1) |


2005/12/13 (Tue) 感じるほどにかっこいい

ただいま、浅田次郎の虜になっています。
今日は地下鉄に乗ってが読み終わったので、プリズンホテル春を読んでいます。

地下鉄に乗っては、映画化も決定しており、確か堤さんがでるはず。
うおお。見に行かねば絶対に。
話しの内容は、簡単に言ってしまえばタイムスリップする話。
最初は何が何だか分からなかったが、そのうち時間を超えてしまうことに強い意味が出てきて主人公にある強烈な事実が突きつけられます。
内容は切ないです。
でも、映画するときは是非とも近頃多い、単なる泣かせるだけの恋愛映画にだけはして欲しくないと思いました。別にそういった映画が悪いといっているわけじゃあなくて、もういい加減飽きたのではないの?というのが半分、そんな簡単な一言じゃあこの作品は語れないよというのが半分。
家族とか恋人とか、大切な人をどう思って心のうちに留めていくのかを教えててくれる作品だと思っています。

さて、そうやって何だかしみじみとしながらお次の「プリズンホテル」を読んでいたのですが、其処に出てくるおやじやおじいさんがえらくかっこいいのです。
彼らはまあ世間様で言えば極道といわれる人々なんですが、話し方や立ち居振舞いが決まっていて素敵なんです。流し目使って話したり、絵になる風景の中に立っていたり。
ううん。言いたいことがまとまらなくて申し訳無い。
でも、素敵なんだー!と叫んでおきます。

あ、別フレの「C-blossom case729」の2巻買ってきました。ざっと立ち読みしていただけなので改めて真剣に読んで見ると色々気が付くところもあり。トマトジュースってそういうことだったんですね…。いやはやお見逸れしました、本部長殿!
作画を担当した霜月さんのおまけ漫画がちょっとお気に入り。
福井玉子論!電車の中で読んでいたので吹きそうになるのをこらえるのに必死でした。

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/09 (Fri) くやしい

この頃取りつかれたように、浅田次郎の作品を読んでいます。
日輪の遺産が読み終わって、今手元にあるのは、プリズンホテル春と地下鉄に乗って。もうおやじ盛りだくさんでうれしいです(笑)

というかですね、このエントリーの前にさっき同じような内容のものを打ち込んでいました。なのに…。

ええ!消えましたよ!フリーズですよー(涙)

悔しいので、前に作ったまさみん艦長をアップしときます。
icomasa1.gif
映画仕様です。
ご自由にお持ち帰りください。

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


2005/11/17 (Thu) 忘れていました。

隠蔽捜査、読み終わりました。
ああ、もう!
今野さんの文章は私のツボを突きすぎる(笑)
おやじなのに精神年齢が若い方が多くて、読んでいて気持ち良いんです。
で、程よく色気があって。
主人公二人はかっこいいと見た!ああ、絶対そうですもの。

さて、わたしってば葉書を書くのを忘れてました。
あれです。

活字倶楽部

今回は今年一年で一番自分の中で良かった本をイラストに描こうと思っているのですが、何にしよう。
条件として、2005年発売の本じゃあないと駄目で必ずしも読んだ全ての本が当てはまらないんです。
今年は可笑しいくらいに福井さん関連の本は買いましたけど、何か他にないかと考え中。
今野敏さんは毎年必ず一枚は送るんですけれど、載らない…。
隠蔽捜査か黒の調査ファイルでも書きますかね。

今回2005年秋号の隅っこに私の葉書載ってます。
初めて自分の描いた今野作品が載って嬉しい。
誰を描いたかって?
おやじですよ、相変わらず。(菊川吾郎警部補)


私信
前回の「隠蔽捜査」の記事にコメントくださった、kさま。
ここではなんですので、またメールさせて頂きますね!
ありがとうございます。

小説のいいおやじ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。